予算と枚数を考える

どんなTシャツを作るか決めよう

大学のサークルやアルバイト、職場や趣味の集まりなどでTシャツを作ることがありますよね。どこにも売っていないオリジナルTシャツを着ることで仲間同士の一体感が高まったり、やる気にもつながります。Tシャツを作るには手順があります。まずプリントしたいイメージや予算を考えて業者に注文するか、自分でプリントするかを決めます。業者に発注すると良い点は、仕上がりが美しく短い納期で仕上げてくれる所です。Tシャツ自体の種類も豊富に揃えていたり、また1枚からの少数発注でも大口注文でも対応しています。100枚以上など大量にプリントしたい場合は、通常よりさらに安く印刷してくれる会社もあるのです。

プリントしたいイメージを自分で作成するのが難しければ、これも業者に発注が可能です。デザイン見積もりが無料のところや、0円でデザインテンプレートが使えるようになっている会社もあります。

イメージが決まっていて少数なら手作りでも

プリントしたいイメージが決まっていて、さらに少数なら自分でプリントする方法もあります。かかる金額が安くて一番簡単にできるのは、アイロンプリントです。アイロンプリント用紙は、家電量販店や通販などで手に入るので、購入する際には使用するプリンターの機種にあったものを選びましょう。あとは好みの絵柄を用紙にプリントしたのちアイロンで転写します。自分でプリント用紙を用意することができない場合は転写シートだけを作ってくれる会社もあります。1枚だけでも発注することができますよ。

また少し手前がかかりますが、手作りが好きな人にはシルクスクリーンで印刷する方法もあります。この方法では、本格的な機材を揃えるのは予算も手間もかかるので、シルクスクリーンキットを利用するのがおすすめです。

オリジナルトレーナーやTシャツをインターネットの専用サイトで作ることができます。イメージ画像で出来上がりも確認できますので、失敗することもないでしょう。