デザインや色を考える

全体のイメージを固める

オリジナルTシャツを作成する際には、まず全体的なデザインのイメージを固めておくことが大切です。格好いいデザインにしたいのか、可愛いイメージで作りたいのか、理想とするイメージによって最適なデザインが異なります。最初にコンセプトをきちんと決めておけば、そのイメージに合わせて色やモチーフ等を選んでいくことができるでしょう。具体的なイメージがまとまったら、次に下地となるTシャツのカラーやデザインの詳細を考えていきます。シンプルにロゴだけを入れる、イラストや写真をプリントするなど具体的なデザインの方向性も決めておきましょう。ある程度全体内容が決まっていったら、次に実際のロゴやイラスト等を準備していきます。

テンプレートや素材の活用

作りたいTシャツのイメージははっきりしているのに、デザインやイラストを作成するのが難しい、そんな場合にはテンプレートや素材を活用するのも一つの手です。オリジナルTシャツ作成サービスのサイトには、様々なテイストのデザイン素材が用意されています。無償利用可能な素材が豊富に揃っており、自由にデザインとして利用できるのが魅力です。無償素材の中に自分のイメージとぴったり合うものが見つかったら、それをベースに色味やサイズなどを微調整して、新たなデザインを作成するのも良いでしょう。完全オリジナルのデザインで作成したいという場合には、手描きのラフイラストをデザインに起こしてくれるサービスを利用してみるのもおすすめです。

オリジナルtシャツの作成は、会社や学校での多種多様なイベントの際に依頼でき、既製品と比べてデザインや生地、サイズなどを自由に選択できます。